[Ruby] Sinatra

Rubyフレームワークといえば、誰もが「Ruby On Rails」と答えるでしょうが、 そんな中、Railsではない素敵なフレームワークを発見しました。 用途してはRailsは至れり尽くせりで嬉しいけどちょっとしつこいよね。ってな時でしょうか。 超軽量Rubyフレームワーク 「sinata」 http://www.sinatrarb.com/ サイトのトップを見ただけでどれだけ軽量なのかがわかります。 [Sinatra]環境構築 gemを一発かますだけ。 [crayon-5c13c71e50714263948237/] [Sinatra]Hello World HelloWorldわずか5行。 hello.rb [crayon-5c13c71e50726368690519/] [Sinatra]勿論テンプレートも分けれます [crayon-5c13c71e5072c080180094/]

[Ruby] クローラー作成 スクレイピング scrape

久々にRubyでクローラー作成。 クローラー先は内緒で。 素敵にライブラリがあるので一瞬でデータを取ってこれちゃいます。 まずはgemでscrapiをインストール [crayon-5c13c71e51715188240868/] rubyファイルを作成。Scrape用のクラスを作成してみます。 scrape_site.rb [crayon-5c13c71e51721709163982/]

[Mercurial] ブランチの作成方法 hr branch ..

まわりがgitの中、がんばってmercurialを使っています。 なかなかMercurialも使い勝手が良いですよ。 Branch操作のコマンドメモです。 まずは自分のブランチをチェック 初期はブランチ名はdefualtとなっています。 [crayon-5c13c71e51c9e450012657/] ブランチを作成します newfeatureというブランチを作ってみます。 [crayon-5c13c71e51ca9810140458/] ブランチの切り替えを行います 切り替えにはupdateコマンドを使います。 [crayon-5c13c71e51cb0298999431/] ブランチの一覧を見てみましょう そのままです。branchesコマンドです。 [crayon-5c13c71e51cb6193483560/] ブランチのマージもお手の物です ブランチdefaultに新しく作成した

Linuxコマンド フォルダの容量調査

いつも忘れるので、おもっいきりメモ。。 du -s * | sort du –block-size=M -s * | sort

[RestfulRails] ActiveRecord拡張 – ActiveResourceと同期させてみる。

ActiveResourceを使えば簡単にRestfulな動作ができる。 が、実際にはバリデーションやフォーム連携やhas_manyなどの親子関係などの動作には対応しておらず、 結構実装がしづらい。 今後のRailsの対応予定の項目にActiverecordとActiveresoceの同期があげられていたがいつになるかわからない。 ということでActiveRecordを拡張して無理やりRestful対応をさせてみる。 結果↓な感じ・・。 app/models/sample.rb [crayon-5c13c71e52327959322439/] app/models/restful_sample.rb [crayon-5c13c71e52332647395670/] これでwill_paginateやら親子関係やらも従来どおり使える・・はず。 意識せずに裏側ではRestfulなやりとりをして