[RestfulRails] ActiveRecord拡張 – ActiveResourceと同期させてみる。


ActiveResourceを使えば簡単にRestfulな動作ができる。
が、実際にはバリデーションやフォーム連携やhas_manyなどの親子関係などの動作には対応しておらず、
結構実装がしづらい。
今後のRailsの対応予定の項目にActiverecordとActiveresoceの同期があげられていたがいつになるかわからない。
ということでActiveRecordを拡張して無理やりRestful対応をさせてみる。
結果↓な感じ・・。

app/models/sample.rb

app/models/restful_sample.rb

これでwill_paginateやら親子関係やらも従来どおり使える・・はず。
意識せずに裏側ではRestfulなやりとりをしています。
ただ、データベースに入出力はしないものの、テーブル構成はRestfulServerと同じものを用意するする必要があります。
結構用途は限定されますが、、リソースをRestfulにしたい場合などは使えるかも!?
拡張ライブラリは以下。

lib/sync_active_resource.rb