VPSホスティングのまとめ


VPS仮想専用サーバーのすすめ

仕事でもプライベートでもVPSをよく利用します。
低価格なので気軽に試せる上に、コストパフォーマンスが良いサービスがどんどんでてきるので、気が付いたら色々なホスティング会社に手を出していました。
なので、ちょっと個人的にまとめてようと思い書いてみる。

VPSの前は専用サーバーをよく利用していたのですが、
専用サーバーの場合、値段が高い割に微妙なスペックで、安すぎるホスティングだとHDDのミラーリングもされていないとか。
不便な部分があるのですが、それでもROOT権限がないと対応できない要件があったりなので仕方なく借りていました。
あと、Ruby On Railsでの案件も結構あるので専用サーバーを使わざるを得なかった。
共有サーバーだとアップロード手段がFTPしかなくて不便だし。
インターネット上にあるデータも一旦自分のマシンに落としてからFTPでアップなんてめんどくさすぎる・・。
自前のサーバーを用意してもいいんだけど初期コストも高く電気代も馬鹿にならないし。
とまあ色々と不満点が解消されているのでVPSを多く利用してました。

個人的に、VPSを選ぶに当たって重視するのはです。(もちろん用途によりますが・・。)

1. データセンター設置場所
2. 費用
3. スペック(メモリと容量)

1.は、海外のデータセンターを使用しているホスティング会社がいがい多いです。しかも、それを表記していない場合もあり問い合わせないとわらなかったりします。
海外だとコストが抑えられるので金額のわりにスペックが良いです。ただ、レスポンスが若干悪いです。サイトを閲覧する分にはあまり感じないですが、シェルでのコマンドライン上での作業の時に少し気になる程度です。
ここのホスティングの容量が凄まじく多い!ってとこはだいたいデータセンターは海外だったりします・・。

2.は、勿論、安ければ安いほど嬉しいです。1000円以下もホスティングプランもたくさんあります。

3.は、VPSなのでメモリやHDDなどは他の方々と共有します。
メモリは、完璧に共有型のプランと基本メモリを確保してくれるプランがあります。
あるホスティングプランでは、メモリ512MBが基本メモリとして割り当てられ、あとはリソースの空き具合によって最大1GBまで使える。といったものもあります。
でも、最大メモリはあてにできないので、基本メモリだけみます。(最大メモリだけ大きく表示して基本メモリは小さく書かれてたりするところもあります。)
オプションでメモリを増設できるところもあるので、最初は最低限部分だけ確保して、あとは負荷に合わせて調整していくのがいいんじゃないかと思います。

今まで使ってみて良かったVPSホスティングをピックアップ
※注 あくまで個人的な判断です。

オススメVPS その1. 「お名前.com VPSプラン」


個人的に一番オススメはここじゃないかなと思います。
お名前.comって今までネームサーバーが目的でしか使ってこなかったのですが・・(汗)
ポイントは、「データセンターが国内」「メモリ512MB」「ディスク容量120GB」。
それで月額2480円は他にはない気がします。
ディスク容量が10GBや20GBならこれより安いプランはたくさんあるのですが、10GB,20GBでは何もできないです・・。
また、データセンターが海外であればもっと低価格なプランがありますが、レスポンスがいまいち。
メモリも512GBあれば趣味用や小規模サイトなら十分じゃないでしょうか。
あとは、お名前.comはサポートも今まで良かったですし、実績・規模を見ても安心して使えるのではないでしょうか。
ってことオススメVPSホスティングです。
※導入時にデフォルトでyumコマンドが入ってません。必要な方は下記を参照
お名前.com VPSプランでyumのインストール方法

オススメVPS その2. 「ServerQueen VPSプラン」 (もっと安く使えるVPSをいう方は)


お名前.comもお薦めでしたが、とにかくもっと安くVPSを利用したいという方にお勧めなのがServerQueenです。
初期費用0円の月額費用925円です。(※2010年4月現在。キャンペーン適応時)
ディスク容量は20GBと少ないですが、趣味のサイトやテスト用サーバーとして、ROOT権限を利用して自由に遊びたいというのであればいいのではないかと思います。
少し物足りたいのであれば、もうワンランクアップした「QV01」プランを選んだらよいかと思います。
初期費用0円で月額費用1470円ですが、HDD60GBにメモリ保障512MBと幅が広がります。
サーバーが米国にあるので若干レスポンスが遅いですが、普通に作業する分にはそこまで気になりません。
とりあえず安価なVPSで試してみたいという方にはいいのではないでしょうか。
ただ、サーバーは最小構成で設定されていてパッケージ管理するyumコマンドすら入っていないので、自分でインストールする必要があります。そのため、ある程度サーバーがいじれる方(or サーバーの勉強したい方・・)でないとつらいかもしれません。