お名前.com VPSプランでRuby on Rails環境の構築


お名前.comにRails環境構築

お名前.com@VPSの導入初期では勿論Ruby On Railsは使えません。
Ruby on Rails on Passenger環境構築手順のメモです。
合わせてRMagickなどのよく使うライブラリ等も纏めて入れてしまいます。
HDD120GB・メモリ1GB・root付【お名前.com VPS】月額2,475円~★

yumで必要なライブラリをインストール

yumをいれていない人は下記参照
お名前.com VPSプランでyumのインストール方法
「readline」はRailsコンソールを使うために必要なので入れておきます。
ImageMagickをインストールした後に削除しているのは、ImageMagickに依存しているライブラリを一括でインストールするためです。
ImageMagick自体はバージョンが6.2.8で古いので一旦削除します。

yum install readline readline-devel
yum install ImageMagick ImageMagick-devel libpng-devel
yum remove ImageMagick ImageMagick-devel

Ruby・Rubygem・各種gemライブラリのインストールします。

wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p249.zip
unzip ruby-1.8.7-p249.zip
cd ruby-1.8.7-p249
./configure –with-install-readline
make
make install
ruby –version # 確認
# ruby 1.8.7 (2010-01-10 patchlevel 249) [x86_64-linux]

cd ..
wget http://rubyforge.org/frs/download.php/69366/rubygems-1.3.6.zip
unzip rubygems-1.3.6.zip
cd rubygems-1.3.6
ruby setup.rb
gem –version # 確認
# 1.3.6

gem install rails mysql sqlite3-ruby locale locale_rails gettext gettext_rails gettext_activerecord passenger

Passengerの環境設定

下記コマンド後はエンターキー連打で大丈夫だと思います。

passenger-install-apache2-module

[]# vim /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
# 下記を張り付け
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.11/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.11
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

バージョン管理ソフト「Mercurial」を導入したい場合

yumのパッケージにはmercurialが含まれていないのでLinuxの拡張パッケージ「EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)」を入れてあげます。
下の手順で完了です。

wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm
rpm -Uhv epel-release-5-3.noarch.rpm
yum install mercurial

お名前.com

お名前.comのVPSを試したい方は下記から登録!