[Xcode] cocoa.vimでiPhoneアプリを開発してみる。


最初はXcodeで開発をしてたのですが、長い間vimを使ってたせいかどうも馴染まない。
というかなるべくショートカットキーを使うようにはしてたんだけど、マウスを多用するのがめんどくさい。
というわけでvimのcocoa.vimという素敵なプラグインがあるようなので試してみる。
port/wget/gitコマンド使ってます。無い方は他のコマンド利用するか別途インストールしてみてください。

MacVimをインストールしよう

portで一発でインストール!

sudo install macvim

※portコマンドを使用するにはMacPortを入れる必要があります。

cocoa.vimをダウンロードしよう

まずはcocoa.vimがないと始まらないので設定します。
cocoa.vimからダウンロードしてもいいんだけどgitのほうが進んでるっぽい。なのでgitで以下の要領でインストール完了です。

$ git clone git://github.com/msanders/cocoa.vim.git
$ cp -r cocoa.vim/* ~/.vim/

gitコマンドが無い人はcocoa.vimからcocoa.zipをダウンロードしてから下記のコマンドを入力。

unzip cocoa.zip -d ~/.vim

これでcocoa.vimのインストールは完了です。

XcodeのエディタをMacvimに設定します

設定方法はXcodeを立ち上げて下記の流れで行います(表示言語がEnglishの場合になります)
[Xcode] → [Preferences] → [File Types] → [▼file] → [▶text]の[Preferred Editor]のクリック
→ [Other]をクリックしてMacVimを選択
これで設定は完了なのでヘッダーファイルをダブルクリックしてMacVimが表示されればOKです。
正しくcocoa.vimがインストールされていればsmapleのようにカラーリングされています。

ただ、なぜか[⌘R]のビルドなどが動かない。
下記のサイトの解決法があって試してみたけどやはり動かない・・。
http://d.hatena.ne.jp/namutaka/touch/searchdiary?word=*[iphone]

参考サイト

cocoa.vim
MacVimとcocoa.vimで世界が変わったCommentsAdd Star
http://lapangan.net/darwinports/index.php?cmd=read&page=PrivatePortfile%2FVim