さくらインターネット@VPSとServersMan@VPSを徹底比較


2月24日にServersMan@VPSとさくらのVPSが自社サービス追加プランについてのニュースを発表しました。
内容としてはServersManは64bitOSの対応、さくらのVPSは上位プラン追加といったもの。
同じ日に発表したのは意図的なのかわかりませんが、これで利用ユーザー数も益々増えるのではないでしょうか。
比較表を最新版を追加してみました。 by 2011/2/24

最新VPS比較表 (2011年2月時)

【 更新履歴 】
(2011/2/24) VPS比較表の最新版を追加しました。
(2010/11/9) リストに開発者ページ追加

VPSサービス Serversman@VPS さくらインターネットVPS
VPSプラン名 Entry Standard Pro 512 1G 1.5G 4G 8G
公式サイト ServersMan@VPS
さくらのVPS
初期費用 0円 0円 2,980円 4,980円 9,980円 19,980円
月額費用 490円 980円 1,980円 980円 1,480円 1,980円 3,980円 7,980円
無料期間 2週間 2ヵ月
保証メモリ 256MB 512MB 1GB 512MB 1GB 1.5GB 4GB 8GB
最大メモリ 768MB 1.5GB 3GB ※保障メモリと同サイズ
スワップ
容量 10GB 30GB 50GB 20GB 30GB 50GB 120GB 240GB
CPU Xeon 2.27GHz Xeon 2.40GHz
管理者権限 root権限付与 root権限付与
RAID RAID6 RAID1
仮想技術 OpenVZ KVM
グローバルIP IPv4×1 IPv4×2 IPv4×4 IPv4×1
IPv6 対応 非対応
回線 100Mbps 100Mbps
標準OS CentOS 5 i686 CentOS 5 x86_64
カスタムOS Ubuntu,Debian
(32bitおよび64bit版)
Ubuntu,Debian,FreeBSD,Fedora
(32bitおよび64bit版)
初期ソフトウェア 選択可能 sendmail
データ転送量 無制限 無制限
データセンター 国内 国内
VPSサービス Serversman@VPS さくらインターネットVPS
VPSプラン名 Entry Standard Pro 512 1G 1.5G 4G 8G
コントロールパネル仕様
サーバー再起動
サーバー初期化
OS変更
リモートコンソール
CPU使用状況確認 ×
トラフィックグラフ ×
ディスクI/O状況確認 ×
ハードディスク追加 10GB/月額105円
(追加容量の制限無し)
無し
その他
社長or開発者への
VPSインタビュー記事
記事を読む 記事を読む
VPS比較考察

どのプランを選択するかとても迷いますね。
容量を比べるとServersMan30GBに比べるとさくらは20GBとちょっと心細いように思います。
またServersManは無料でIPを一個追加できるので複数サイトをダミーサイトを作りたい場合などはいいかもしれません。最大メモリは1GBと多いですがあまり最大メモリの恩恵に預かった事がないので保証メモリの512MBだけを見たほうがいいと思います。スペックがほぼ半分の月額490円プランもあるので、スペックは最低限でVPSを利用したいという方はそのプランを試してみてもいいと思います。
3つの中でスワップが唯一用意されているのがさくら@VPSです。運用面でスワップがあったほうがいいという方はさくらがよいのではないでしょうか。仮想技術KVMも評判は良いようです。さくらの全てのサービスに共通ですが、試用期間が2週間あるのも嬉しいです。ただ、試用期間は回線の割当が本契約より少なかったりするので検証する際は注意してください。
お名前.comは金額・性能面で上記2つに見劣りしますが容量が120GBと大きいです。写真が動画などのストレージサーバーなどに利用するには適しているのではないでしょうか。

ちなみに自分はさくらインターネットとServersManとで悩みましたが、
IP2個あるのと容量が10GB多いのでServersManを選択しました。
できればスワップはあったほうがいいですが、メモリチューニングでカバーすればよいかなと。
今のところとても快適に動いてくれてます。

下記に大まかなVPSの比較ポイントを記載しました。(あくまで個人の見解によるものです)

VPSサービスQ&A比較
なるべく容量が多いほうがいい、、
月額あたりの容量はServersMan@VPSのほうが若干多いです。
月額980円でServersManは30GB、さくらのVPSは20GBです。
とにかく安くVPSを利用したい、、
ServersMan@VPSは490円/月から利用できます。さくらのVPSの場合は980円/月からです。
VPSの性能が高いほうを選びたい、、
KVM採用のさくらのVPSのほうが性能がよいようです。
※さくらインターネット社長談
IPがたくさん欲しい、、
ServersMan@VPSはStandardプランで1つ、Proプランで3つ無料で追加できます。
IPv6を利用したい、、
ServersMan@VPSはIPv6対応しています。さくらのVPSは非対応です。
OSはFreeBSD or Fedoraを使いたい、、
さくらのVPSでは利用できます。また32bitか64bitかで選択できます。
ハードディスクの追加をしたい、、
ServersMan@VPSは月額105円で10GB追加可能です。

ServersMan@VPSの比較ポイント

良いところ
  • サーバーが国内においてある
  • 初期費用無料、月額490円からの格安プランがある
  • 容量はさくらインターネットより若干多い(10GB程度)
  • IPv6がついている
  • 固定IPが最初から2つもらえる(980円のプラン)
  • サーバーの初期構成を用途に合わせて選べる(個人的には嬉しかった)
悪いところ
  • スワップがない(これが地味にいたい)

さくらインターネットVPSの比較ポイント

良いところ
  • サーバーが国内においてある
  • 無料お試し期間が2週間ある
  • スワップがあるので安心
  • 仮想技術KVMが高速らしい(具体的な性能比較に関する情報がない)
  • 選択できるOSが豊富である(CentOS, Ubuntu, FreeBSD, Debian, Fedora)
  • 各OSで32bit版と64bit版も選択できる
悪いところ
  • 容量が20GBと一番少ない
  • 最大メモリが一番少ない

ServersMan@VPSのさくらのVPSの関連ニュース

(2011/2/24) さくらのVPS
さくらインターネット、仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」に上位プランを追加
~ 一気に4プランを追加し、最上位プランは仮想4コア、メモリ8GB、ディスク240GB ~
(2011/1/24) ServersMan@VPS
64bitOS対応開始! IPv6サービスのセキュリティ強化実施
(2011/1/24) ServersMan@VPS
無料で、最大メモリをさらに50%引き上げ(当初の3倍)
~490円で768MB利用可能に!ご好評の毎日1回1GBのHDD容量が当たるキャンペーンを月末まで実施