OpenPNE3.4 コミュニティのカテゴリ一覧を表示

OpenPNE3.4をさくらのVPSにインストールしてみたものの情報の少なさに苦戦中。 仕様なのかわからないけど、コミュニティ検索画面に大カテゴリが表示されないので勉強がてら実装してみる。URLでいうと”/community/search”の部分。 しばらくRubyばかりやってたのでPHPが懐かしい。 ↓mixiでいうこの部分 実装 OpenPNE3.4もSymfonyもまだよくわかっていないので、かなり荒削りだと思うけど・・。 一応、これでカテゴリ一覧が表示されました。 大カテゴリ取得して小カテゴリ取得して所属コミュニティ数を取得してるのでDBクエリが微妙なとこ。 スタイルシートはこんな感じ。 参考サイト http://www.symfony-project.org/doctrine/1_2/ja/06-Working-With-Data  → DB操作例がたくさ

lundefined method `jpmobile’ for #

さくらのVPSにOpenPNE&Railsを立ち上げるまでのメモ。 そもそもOpenPNE3とRailsを同時にインストールする人もそんないないと思うけど・・。 自分用メモ。 MySQL, PHP, Git、Rubyをインストールする。 # remiレポジトリ追加 $ wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm $ wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm $ sudo rpm -Uvh remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-4.noarch.rpm # enabled=1に変

iPhone/iPadアプリ開発、Clangでメモリリークを診断!

iPhoneアプリ開発。 CGI開発はメモリをそこまで意識する必要がなかったが、 iPhoneだとそういうわけにはいかない。 メモリリークが命取りになったりする。 今までメモリを意識する必要があまりなかったのでアプリ開発で手こずる。 メモリについて調べてると静的解析プログラムが発見。 早速導入してみる。 Clang http://clang-analyzer.llvm.org/ 導入方法は下記サイトが分りやすかったので省略。 http://tktech.blog21.fc2.com/blog-entry-1.html ただ実行すると下記のようなエラーがでる。 $ scan-build –view xcodebuild Build settings from command line: GCC_PRECOMPILE_PREFIX_HEADER = NO === BUILD NAT

NSLogでメモリ使用量を出力

XcodeでiPhone/iPadアプリの開発中に気になるのがメモリ管理。 デバックで使用メモリを確認したいときにぜひ。 参考: http://stackoverflow.com/questions/787160/programmatically-retrieve-memory-usage-on-iphone あと関係ないけどObjective-Cのコーディング規約。 http://www.textdrop.net/google-styleguide-ja/objcguide.xml http://google-styleguide.googlecode.com/svn/trunk/objcguide.xml