Rails3.0

ついに噂のRails3.0のベータ版が出たようですね。 Rails 3.0: Beta release http://weblog.rubyonrails.org/2010/2/5/rails-3-0-beta-release/

Rails On Amazon Web Service [amazon-ecs]

Rails上でAmazon Web Serviceを利用してみる。 「amazon-ecs」という素晴らしいgemライブラリがあったので、すぐにデータ取得までいけました。 素敵です。 手順① amazon-ecsのインストール 以下のコマンドをかますだけです。 gem install amazon-ecs 手順② amazon-ecs設定 config/enviroment.rbに以下の行を追加します。 secret_keyとaccess_keyはAmazon Web Servie登録後に取得できます。 secret_keyがないとエラーがでて取得できません。 require ‘amazon/ecs’ Amazon::Ecs.debug = true Amazon::Ecs.options = { :aWS_access_key_id => “自分のアクセスキー”,

【Rails】`post_connection_check’: hostname was not match with the server certificate (OpenSSL::SSL::SSLError)

Railsでメール送信しようとしたところエラーが、、 [crayon-59eb8d103792f416886971/] ActionMailerクラスに一行追加して無事解決。 でも普通はconfigで定義かな。 [crayon-59eb8d103794c131295849/]

携帯でGoogle Analytics

あけましておめでとうございます。 新年早々、携帯アクセス解析にGoogleAnalyticsを試すことに。 PCサイトではとてもお世話になっているGoogle analyticsですが、 まだ試していませんが、携帯でも対応したようですね。 ただ、PerlやPHPのサンプルコードは本家からダウンロードできるけど、さすがにRubyはまだないようです。 それでぐぐってみると既にruby版を作成した人がちらほらいました。 先行して試してくれる方多謝です。 ■Ruby on RailsでGoogle Analytics携帯対応 http://rememo.seesaa.net/article/132845355.html ■Railsで携帯版のGoogleAnalyticsを使う方法 http://hatenatunnel.appspot.com/mingos/20091124/1259065077

Rails With Capistrano

Deploy管理のCapistranoは一回使うと手放せません。。 気軽にDeployできてログも残してくれる。 管理者の管理もできるのでいつ誰が何で更新したのかも一目でわかります。 Mercurialの場合は、サブバージョンと違ってちょっとレシピを調整する必要があります。 完璧に対応はできていないようです。 ■Capistranoをインストール [crayon-59eb8d1039c09277645917/] ■RailsアプリにCapistrano設定 Capifileとconfig/deploy.rbができます。 [crayon-59eb8d1039c1d286793253/] ■設定ファイルを変更します config/deploy.rbを編集~ 以下のレシピをフックを追加する [crayon-59eb8d1039c27570420108/] セットアップする setupコマンドで自

[Jquery] RGB表記を16進数表記に変換

Jqueryのcss(‘color’)だと返り値がRGB表記なので16進数で取得したい。 という方はGoogle color utils. $.fmtColor(‘#000’);//rgb(0, 0, 0) $.fmtColor(‘#ffffff’);//rgb(255, 255, 255) $.fmtColor(‘rgb(0, 0, 0)’);//#000000 $.fmtColor(‘rgb(0, 0, 0)’,’rgb’);//rgb(0, 0, 0) $.fmtColor(‘rgb(0, 0, 0)’,’hexadecimal’);//#000000 $.fmtColor(‘#00

undefined method `-‘ for “translation missing: ja, date, order”:String

Railsで新規にアプリを作成していて、datetime_selectをつかったらエラーが、、 「undefined method `-‘ for “translation missing: ja, date, order”:String」 今まで、こんなの出たことなかったんだけどな。 ググってみたら記事をいくつか発見。 http://d.hatena.ne.jp/masaaki008/20090128/1233130816 http://final.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300599188-1 https://rails.lighthouseapp.com/projects/8994/tickets/1389-error-with-date_select-when-a-default_locale-is-set Rai

Ajax 郵便番号から住所を自動補完 (CGI不要)

これは便利すね。。 http://www.kawa.net/works/ajax/ajaxzip2/ajaxzip2.html

Rails.vim

vimでRails開発を行う場合に必須のvimプラグイン。 これがないと開発が始まらない。 補完は勿論、scriptコマンドが操作ができる rails.vim http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1567 インストール方法 とても簡単です。.vimフォルダを作成してファイルを解凍すればOKです。 [crayon-59eb8d103b571412702456/] よく使うコマンド① Ctrl W + F よく使うコマンド② :Rpartial form よく使うコマンド③  ・・・

python-setuptoolsでMercurialを簡単インスールト

家のVirtual PCにCentOSを入れてみた。 バージョン管理ソフト「Mercurial」のインストール手順メモ pythonをインスートル python-develも一緒にいれます。 [crayon-59eb8d103c13d623033326/] python-setuptoolsをインストール これがあると簡単にMercurialを入れることができます。 [crayon-59eb8d103c159637182389/] gccをインスートル gccがない場合はいれましょう。 ※CentOS5.3で試したが初期では入っていなかった。 [crayon-59eb8d103c167370135572/] Mercurialをインストール easy_installコマンドを「easy_install mercurial」 [crayon-59eb8d103c185264467582/]