お名前.comにCentOS6にGitlab 6.4をインストール。RVM + Apache + Unicorn

 先日、とにかく安くということで、serversman@vpsにgitlabをインストールしてみたものの、重すぎたため(当たり前か・・)。さくらのVPSと迷ったのだけど、最近、VPSのベンチマークで評判が良いお名前.com VPSで再設定することにした。GitLabのインストールは結構戸惑うので、例により自分のためにメモ。OS再インストールから何度か試してみたので、ほぼコピペでいけるはず。所要時間は1時間かからないはず。  また試したみた感想としては、評判通り早く、体感にも全然違う (ServersManと比べてだけど)。2〜3人の開発チームでの使用を考えているのでこの程度で十分かなと思います。しばらくGitlab on お名前.com@VPSで試してみたいと思います。 今回設定する内容 VPS: お名前.com VPS(KVM) 1GBプラン (月額840円/年間契約) OS: Cent

Serversman@vpsエントリープランにGitLab6.4とRedmine2.4をインストールメモ

今回設定する内容 Server: serversman@vps OS: CentOS 6.4 MySQL 5.6.14 Ruby 1.9.3 Redmine 2.4 Gitlab 6.4 目次 サーバー初期設定 a. SSL設定 b. ユーザー作成 c. 必要なソフトウェアインストール MySQL5.6.14インストール Ruby1.9.3インストール Redmine2.4インストール Gitlab6.4インストール 1.サーバー初期設定 a.SSL設定 Rootログインを不可にする。 [crayon-59c34e374e6a9754896771/] b.ユーザー作成 adminユーザーを作成してSudo権限を与える。 [crayon-59c34e374e6ba668608654/] 2.ライブラリインストール 最低限必要なライブラリを予めインストールしておく。 [crayon-59c34

さくらのVSPでオンラインデータ管理システムBoxroomを試してみる。

貴重なデータをサーバー上に保管 IT化が進んでいないところでは、社内の貴重なデータを普通のデスクトップパソコンに保存、管理してるケースも少なくないと思う。 貴重なデータは最低でも以下の環境に置かれていることが望ましい。 1.データセンター内のサーバー 2.ハードディスクが多重化されている。 3.複数のサーバーでバックアップ 上記の条件が揃っているサービスとしてクラウドがあげれるが、 安心かと思われたクラウドでも昨年、Amazonクラウドサービスで 大規模の障害がおきた。 そのため、クラウドを利用する時も、3のバックアップは他ホスティングサービスを 利用したほうが一層安心かもしれない。 オンラインデータ管理システムBoxroom とある会社からデータ管理システムを頼まれたので、オープンソースで良いのがないか探していたところ、 Boxroomを発見。なかなか良さそう。しかもRailsで実装され

lundefined method `jpmobile’ for #

さくらのVPSにOpenPNE&Railsを立ち上げるまでのメモ。 そもそもOpenPNE3とRailsを同時にインストールする人もそんないないと思うけど・・。 自分用メモ。 MySQL, PHP, Git、Rubyをインストールする。 # remiレポジトリ追加 $ wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm $ wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm $ sudo rpm -Uvh remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-4.noarch.rpm # enabled=1に変

RailsからWordPressの情報を取得する

app/models/wp_post.rb app/models/wp_comment.rb

さくらのVPSでRubyOnRailsの環境を構築しよう

さくらのVPSでRails環境構築しました。 高速と名高いKVM環境はたしかに高速でした。(といっても計測してないので体感ですが・・) あとServersMan@VPSに比べるとネットワークが安定しているような気がしましたけど気のせいでしょうか。 Rails3系を入れようか迷ったけど愛用しているgemライブラリでまだ3系には対応できていないのがあったのでまたの機会にすることに。 それにしてもVPSが価格下落で気軽にRails環境が構築できるようになったのは嬉しい話しです。 ImageMagickやらRedmineも入れてますが、必要ない人は飛ばしてやってください。 さくらVPSでRubOnRails さくらVPSにRubyOnRailsの環境構築をしたのでそのメモ。 今回インストールした主なソフトウェアのバージョン。 ・Ruby 1.8.7 p301   → http://www.ruby

Open Flash Chart on Railsでグラフ・チャートを3分で作成しよう

Open Flash Chartでグラフを作成しよう Railsでグラフ描写をサポートしてくれるプラグインはいくつか種類があります。 今までは「FusionCharts」を使ってたのですが「Open Flash Chart」がデザイン性もよくて良さげ。 日本語もサポートしてるようなので試してみる事にしました。 Open Flash Chartの特徴 オープンソースでとても使い勝手が良さそうです。 ・GNU GPLライセンス ・Flashベース ・日本語対応可 ・幅広い言語対応(PHP、Perl、Python、Javaなど) ・折れ線グラフ、円グラフ、棒グラフ、3Dグラフなどの多様のグラフを出力可能 3分でグラフを作成 とても簡単ですぐにグラフを作成する事ができます。3分かからないかも。 以下はLinuxの場合です。 # Railsアプリを作成 rails test # testフォルダへ移

[Rails3] uninitialized constant Object::Bundler

CentOSにRails3&Passengerを入れてる途中で結構はまる。 Rails2に馴れてるせいかRails3があまり親切な感じがしないな。 $rake db:create (in /price) rake aborted! uninitialized constant Object::Bundler /usr/local/lib/ruby/1.9.1/rake.rb:2482:in `const_missing’ /config/boot.rb:9:in `rescue in ‘ /config/boot.rb:5:in `‘ :29:in `require’ :29:in `require’ config/application.rb:1:in `‘ :29:in `require’ :

RailsでAmazon-esc

RailsでAmazon ESC RailsでAmazon-escを使うメモ。 前に一度同じような記事を書いたけど、動かないのと途中で作業を止めてしまったので再投稿。 http://b.ruyaka.com/2010/02/08/rails-on-amazon-web-service/ 1. Amazon AWSのアカウントを取得します。 amazon-ecsを利用するにあたり「アクセスキー」と「シークレットキー」を取得する必要があります。 下記のサイトから取得する事ができます。 Amazon Web Service http://aws.amazon.com/jp/ 1. Amazon Web Servieへアクセス 2. メニュー1番右の「アカウント」をクリック 3. 「あなたのアカウント」欄にある「セキュリティ証明書」をクリック 4-a. アカウント登録済みの方はログイン 4-b.

Ruby On RailsのFusionChartsで文字化け解消

FusionCharts On Rails Railsでグラフ作成をするために「FusionCharts」を試してみたメモ。 下記サイトがとても丁寧に説明されていて参考になった。 「Railsで実現する見事なグラフ」 http://www.infoq.com/jp/articles/sharma-charts-in-rails そのままやるといくつか問題があったので以下のように修正しました。 修正箇所 その1 変更前: リスト 6 timesheet_data.builder (in app/views/employees folder) 変更後: (アンダースコアが入るだけですが・・) リスト 6 _timesheet_data.builder (in app/views/employees folder) 修正箇所 その2 そのままだと日本語が文字化けします。 あまり良い方法ではないで