[Ruby1.9 on Rails] マルチバイト文字列でエラー : incompatible character encodings: UTF-8 and ASCII-8BIT

前回の続き http://b.ruyaka.com/2009/07/06/ruby19-gem-install-mysql-ではまる/ なんかgem install mysqlでMySQL/Rubyはインスートルできたんですが、 どうやらMySQL/Rubyがruby1.9の「M17N」に対応していない模様。 おかげて、データベースから取り出した文字列は全て「ASCII-8BIT」になってしまいます。 マルチバイト文字列を入れるとASCII-8BITとUTF-8がぶつかりエラーが発生します。 「incompatible character encodings: UTF-8 and ASCII-8BIT」 ほんと困りました。 調べてみたところ解決方法は2通り発見。 ① MySQL/Rubyではなく、M17Nに対応しているRuby/MySQLを入れる (ややこしい) ② Rails上で「for

[Ruby1.9] gem install mysql ではまる

そろそろ各ライブラリも1.9に対応してきたので。rails開発もruby1.8から1.9に移行。 今までのテストでも処理によるけど確実に2倍以上は早くなっている。 このまま1.8だとなにかと不安です。 ruby1.9・rubygems・railsなどのインストールは順調に進んだが、mysqlのインストールではまる。 結論から言うと、   「gemでインストールされるmysqlのバージョンが古いまま」 なのが原因でした。 なので1.9の場合は、直接本家にインストールしてあげる必要があるそうです。 エラー内容 [crayon-5a30f2ac8489f456042926/] 以下、実行すれば解決。 [crayon-5a30f2ac848ac388450552/]

[Rails] ruby 1.9.1 VS ruby 1.8.7

Railsでruby1.9と1.8って実際にどれくらいパフォーマンスに差があるんだろうか。 ということで簡単なテストを試してみる。 単純にrubyの1.9と1.8でScaffoldで生成した一覧ページを測定してみる。 一覧に登録した件数は5件です。 Ruby1.8 [crayon-5a30f2ac84e8e066394463/] Ruby1.9 [crayon-5a30f2ac84eb0423871060/] 結果 1秒あたりのリクエスト数はruby1.9のほうがほぼ1.5倍の多くリクエストをこなせるということになる。 かなりシンプルなテストなのでこれを根拠にすることはできないが、もっと複雑にシステムになればなるほど より顕著に差ができるのではないのかなと思います。 ・ruby1.8   → 20.80 request / sec ・ruby1.9   → 30.50 request /

[Ruby] Sinatra

Rubyフレームワークといえば、誰もが「Ruby On Rails」と答えるでしょうが、 そんな中、Railsではない素敵なフレームワークを発見しました。 用途してはRailsは至れり尽くせりで嬉しいけどちょっとしつこいよね。ってな時でしょうか。 超軽量Rubyフレームワーク 「sinata」 http://www.sinatrarb.com/ サイトのトップを見ただけでどれだけ軽量なのかがわかります。 [Sinatra]環境構築 gemを一発かますだけ。 [crayon-5a30f2ac85459217083212/] [Sinatra]Hello World HelloWorldわずか5行。 hello.rb [crayon-5a30f2ac85465086313171/] [Sinatra]勿論テンプレートも分けれます [crayon-5a30f2ac8546c151004942/]

[Ruby] クローラー作成 スクレイピング scrape

久々にRubyでクローラー作成。 クローラー先は内緒で。 素敵にライブラリがあるので一瞬でデータを取ってこれちゃいます。 まずはgemでscrapiをインストール [crayon-5a30f2ac85b93998577336/] rubyファイルを作成。Scrape用のクラスを作成してみます。 scrape_site.rb [crayon-5a30f2ac85b9f951970236/]

スクリプト言語ランキング (PHP, RUBY, PYTHON, ETC..)

EDCからスクリプト言語ランキングが発表されていました。 ・Actionscript ・Flex ・Javascript ・Microsoft F# ・Microsoft Powershell ・Perl ・PHP ・Python ・Ruby ・VB Script 世界中から500人以上の開発者に評価をしてもらったようです。 評価項目は以下13項目。 ・Ease of Use ・Exception handling ・Extensibility ・Maintainability / Readability ・Cross-platform portability ・Community ・Availability of tools ・Quality of tools ・Performance ・Memory management ・Client side scripting ・Security

Rails2.3.2&Ruby1.9 使えない・・・。

乗り換えようと色々試しているのですが、、 全然動きません。 ここらへんの記事を見るとやっぱり早く移行はしたいけれど、 プラグインとか全然ついてこれていないので難しいです。 rails2.3.2でruby1.9サポートとは書いてあるものの、実際に動くのは基本的に部分のみ。 ちょっとライブラリやらプラグインをいれるともう駄目です。 今回スレッド処理用のアプリを開発しているだけあって以下のような検証データもでてるとなおさらruby1.9にしたいところ。 callcc page1 callcc page2 callcc page3 call page1 do call page2 do call page3 end end For 10000 requests (with one thread) Ruby 1.9.1 takes 16 seconds and requires 12 MB of m

[RMagick] ImageList プロパティ一覧

RmagickのImageListプロパティ一覧 詳細はこちら http://studio.imagemagick.org/RMagick/doc/imageattrs.html 使用しそうなやつ。 [crayon-5a30f2ac86237521529696/]

[RMagick] ネットワーク経由で画像の送信

ネットワーク経由で画像の送信してみる。 経緯としては、 今、画像用のAPIを開発しようとしていて、 ネットワーク経由で画像データをどうやって渡そう。ってとこからはじまりました。 作業自体はシンプルですが、一応自分用に書き留めておくことにしました。 使用する言語は表題通りRMagickです。 RMagick Reference http://studio.imagemagick.org/RMagick/doc/ ネットワークはHTTP/HTTPSでの送信になります。 流れとしては以下な感じです。 ①[Client] 画像データ取得&加工 ②[Client] 画像データ送信 ③[Server] 画像データ受信 ④[Server] 画像データ解析&保存 検証 ①【[Client] 画像データ取得&加工】 Railsコンソールで試しているのでデフォルトで入っているra

さくらインターネットのレンタルサーバーでRuby:RMagickを使う。

さくらインターネットのレンタルサーバーでRuby:RMagickを使う。 ホスティングで気軽にRmagickを使いたい。なんてユーザーはそんないないだろうけど試してみる。 さくらさんはImageMagickは全プランで入ってるそうなので、どのホスティングプランでもいけそうです。 http://faq.sakura.ad.jp/faq/1032/app/servlet/qadoc?000071 GD ・ ImageMagick(PerlMagick)は使えますか? はい、全プランでご利用できます。 ImageMagick のインストールパスは /usr/local/bin となります。 ImageMagick 付属のプログラム「convert」のコマンドパスは /usr/local/bin/convert となります。 さくらの仮登録完了後に送られてくるサーバー情報を元にSSHログイン ho