Redmine2.4にマークダウン記法用プラグインRedcarpet2.0.1をインストール

今更だけど久々だったので、RedmineでMarkdown書式で可能にするredmine_redcarpet_formatterプラグインをインストールしたのでメモ。いっそのこと、Redmineのデフォルトの書式をマークダウン(redcarpet)にしてほしい。ちなみにRedmineのバージョンは2.4で、redmine_redcarpet_formatterのバージョンは2.0.1です。 redmine_redcarpet_formatter: https://github.com/alminium/redmine_redcarpet_formatter [crayon-594e3f75363a3892668861/] これでredmine_redcarpet_formatterのインストールは完了。 あとは管理者権限でログインして、「管理」→「設定」→「全般」へいく。”テキ

お名前.comにCentOS6にGitlab 6.4をインストール。RVM + Apache + Unicorn

 先日、とにかく安くということで、serversman@vpsにgitlabをインストールしてみたものの、重すぎたため(当たり前か・・)。さくらのVPSと迷ったのだけど、最近、VPSのベンチマークで評判が良いお名前.com VPSで再設定することにした。GitLabのインストールは結構戸惑うので、例により自分のためにメモ。OS再インストールから何度か試してみたので、ほぼコピペでいけるはず。所要時間は1時間かからないはず。  また試したみた感想としては、評判通り早く、体感にも全然違う (ServersManと比べてだけど)。2〜3人の開発チームでの使用を考えているのでこの程度で十分かなと思います。しばらくGitlab on お名前.com@VPSで試してみたいと思います。 今回設定する内容 VPS: お名前.com VPS(KVM) 1GBプラン (月額840円/年間契約) OS: Cent

Serversman@vpsエントリープランにGitLab6.4とRedmine2.4をインストールメモ

今回設定する内容 Server: serversman@vps OS: CentOS 6.4 MySQL 5.6.14 Ruby 1.9.3 Redmine 2.4 Gitlab 6.4 目次 サーバー初期設定 a. SSL設定 b. ユーザー作成 c. 必要なソフトウェアインストール MySQL5.6.14インストール Ruby1.9.3インストール Redmine2.4インストール Gitlab6.4インストール 1.サーバー初期設定 a.SSL設定 Rootログインを不可にする。 [crayon-594e3f7538de3319228006/] b.ユーザー作成 adminユーザーを作成してSudo権限を与える。 [crayon-594e3f7538df6506626855/] 2.ライブラリインストール 最低限必要なライブラリを予めインストールしておく。 [crayon-594e3

3分でスッキリ! Oauth 1.0図解とRuby Twitter bot開発

OAuth1.0の仕組みからTwitterBotの開発まで自分用メモです。 FacebookやTwitterなどOAuthを利用したシステムは数年前から何度と実装しているのですが、OAuthの詳細な動きについてはそんなに毎回触れたりはせず(ライブラリがいいようにやってくれるので・・・)、たまに使うたびに仕様の再確認という感じなので、自分向けにちょっと内容を砕いて図解化。正確な仕様などはRFCなど公式ドキュメントを参照ください。 目次 OAuth1.0のざっくり解説 OAuth1.0とは? 3つの登場人物 OAuth1.0フロー RubyでTwitter bot作成 前準備(コンシューマー登録〜アクセストークン取得) Ruby環境構築 Ruby実装 対象 RubyでTwitter Botを作ってみたい人。 OAuth1.0を(ざっくりと)理解したい人。 OAuth1.0は学んだけど、Twit

VPS比較(ServersMan, さくらのVPS, お名前.com)

VPS比較表 以前もVPSを比較して表にしていましたが、各社のプラン価格・仕様もだいぶ変更されていたので、まとめなおしました。(2012年10月7日現在)。比較サービスは、国内大手のさくらのVPS、ServersMan@VPS、お名前.comのVPSの3つです。2年前に各社VPSサービスを開始したときにも既に低価格高性能でしたが、この2年間でさらにスペックが向上したように思います。VPSは個人や会社での利用はもちろん、サーバの勉強にも最適ですので、是非お試しあれ! VPS さくらのVPS ServersMan@VPS お名前.com VPS(KVM) プラン 1G 2G 4G 8G Entry Standard Pro 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 初期費用 無料 ¥1,980 ¥5,980 ¥9,980 無料 無料 ¥1,680 ¥5,680 ¥9,681 ¥16,680 月

iTunes ConnectのiPhoneアプリのダウンロード数を自動取得

2014年1月5日: シェルスクリプトの内容を更新しました。 iPhoneアプリのダウンロードレポートをSQLで管理したい iTunes ConnectのiPhone/iPadアプリダウンロードレポートは保存期間が短い上に、得られる情報が少ない。 Google Analyticsくらいまで細かい分析結果が得られると嬉しいのだけど・・・。 とりあえず、iPhoneアプリのダウンロード数の日次レポートを自動取得するように設定してみた。 iTunes Connectレポートの自動取得方法 Appleからレポート取得用ライブラリ(Java)が提供されています。 このライブラリを使えば、itunes connectの”Sales and Trends”にあるデータを全て取得できるようです。 ドキュメントは下記参照↓ iTunes Connect Sales and Trend

さくらのVPSに音楽配信「Streeme」をインストール

Streeme Googleの音楽ストリーミング用のオープンソース。 iTunesライクなインターフェイスで、MITライセンスなので自由に使えます。 さくらのVPSにインストールしたので、そのメモ 1 さくらのVPSの準備 さくらのVPSを借りたあとに設定した事。 1-1. SSH設定 vim /etc/ssh/sshd_config Port 10415 PermitRootLogin no 1-2. 不要なデーモンを停止 chkconfig haldaemon off chkconfig acpid off chkconfig messagebus off chkconfig autofs off chkconfig auditd off chkconfig lvm2-monitor off chkconfig mdmonitor off chkconfig messagebus of

さくらのVPSにMTOSをインストール

今までMTOSを使った事がなかったが、今回さくらのVPSにインストールしてみた。 忘れないようにメモ。参考までに。 たぶんほぼコピペでいけるはず。 サーバー環境 サーバーはさくらのVPSを使用。(serversman@vpsでもよい) ・CentOS 5.5 ・Perl 5.8.8 ・Apache 2.2 ・MySQL 5.7 ・ImageMagick 6.7.4 ・Perlモジュールを諸々 サーバー設定手順 RPM-forgeインストール RPMforgeリポジトリを導入して、最新のパッケージを取得できるようにする。 # RPMキーをダウンロード wget http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt rpm –import RPM-GPG-KEY.dag.txt # RPM-forgeパッケージをダウンロード wget http://packag

さくらインターネットの石狩データセンター

個人的に楽しみにしているさくらインターネットの石狩データセンター。 http://ishikari.sakura.ad.jp/  日本データセンター協会が主催する「フューチャーシンキング&デザインコンセプト・アワード」を受賞したみたいですね。  都内に比べて立地も安いので、今後のさくらのホスティングサービスにもスペック・パフォーマンスにも良くなるのでしょうか。ホスティングサーバーのスペックを比較すると資源に余裕のある海外のほうがコストパフォーマンスが優れている事が多々ありますが、ロケーションが遠すぎてレスポンスが悪く結局実用的ではなかったりします。  今回の北海道石狩という立地でこの規模のデータセンターとなれば、海外同様に低コストでのサービスを展開できそうです。なので、石狩データセンターが稼働すれば今まで以上にコストパフォーマンスの優れたサービスを期待できそうです。既にさくらのV

さくらのVSPでオンラインデータ管理システムBoxroomを試してみる。

貴重なデータをサーバー上に保管 IT化が進んでいないところでは、社内の貴重なデータを普通のデスクトップパソコンに保存、管理してるケースも少なくないと思う。 貴重なデータは最低でも以下の環境に置かれていることが望ましい。 1.データセンター内のサーバー 2.ハードディスクが多重化されている。 3.複数のサーバーでバックアップ 上記の条件が揃っているサービスとしてクラウドがあげれるが、 安心かと思われたクラウドでも昨年、Amazonクラウドサービスで 大規模の障害がおきた。 そのため、クラウドを利用する時も、3のバックアップは他ホスティングサービスを 利用したほうが一層安心かもしれない。 オンラインデータ管理システムBoxroom とある会社からデータ管理システムを頼まれたので、オープンソースで良いのがないか探していたところ、 Boxroomを発見。なかなか良さそう。しかもRailsで実装され