Redmine2.4にマークダウン記法用プラグインRedcarpet2.0.1をインストール

今更だけど久々だったので、RedmineでMarkdown書式で可能にするredmine_redcarpet_formatterプラグインをインストールしたのでメモ。いっそのこと、Redmineのデフォルトの書式をマークダウン(redcarpet)にしてほしい。ちなみにRedmineのバージョンは2.4で、redmine_redcarpet_formatterのバージョンは2.0.1です。 redmine_redcarpet_formatter: https://github.com/alminium/redmine_redcarpet_formatter [crayon-594e3f4feff48298741680/] これでredmine_redcarpet_formatterのインストールは完了。 あとは管理者権限でログインして、「管理」→「設定」→「全般」へいく。”テキ

お名前.comにCentOS6にGitlab 6.4をインストール。RVM + Apache + Unicorn

 先日、とにかく安くということで、serversman@vpsにgitlabをインストールしてみたものの、重すぎたため(当たり前か・・)。さくらのVPSと迷ったのだけど、最近、VPSのベンチマークで評判が良いお名前.com VPSで再設定することにした。GitLabのインストールは結構戸惑うので、例により自分のためにメモ。OS再インストールから何度か試してみたので、ほぼコピペでいけるはず。所要時間は1時間かからないはず。  また試したみた感想としては、評判通り早く、体感にも全然違う (ServersManと比べてだけど)。2〜3人の開発チームでの使用を考えているのでこの程度で十分かなと思います。しばらくGitlab on お名前.com@VPSで試してみたいと思います。 今回設定する内容 VPS: お名前.com VPS(KVM) 1GBプラン (月額840円/年間契約) OS: Cent

VPS比較(ServersMan, さくらのVPS, お名前.com)

VPS比較表 以前もVPSを比較して表にしていましたが、各社のプラン価格・仕様もだいぶ変更されていたので、まとめなおしました。(2012年10月7日現在)。比較サービスは、国内大手のさくらのVPS、ServersMan@VPS、お名前.comのVPSの3つです。2年前に各社VPSサービスを開始したときにも既に低価格高性能でしたが、この2年間でさらにスペックが向上したように思います。VPSは個人や会社での利用はもちろん、サーバの勉強にも最適ですので、是非お試しあれ! VPS さくらのVPS ServersMan@VPS お名前.com VPS(KVM) プラン 1G 2G 4G 8G Entry Standard Pro 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 初期費用 無料 ¥1,980 ¥5,980 ¥9,980 無料 無料 ¥1,680 ¥5,680 ¥9,681 ¥16,680 月

さくらインターネット@VPSとServersMan@VPSを徹底比較

2月24日にServersMan@VPSとさくらのVPSが自社サービス追加プランについてのニュースを発表しました。 内容としてはServersManは64bitOSの対応、さくらのVPSは上位プラン追加といったもの。 同じ日に発表したのは意図的なのかわかりませんが、これで利用ユーザー数も益々増えるのではないでしょうか。 比較表を最新版を追加してみました。 by 2011/2/24 最新VPS比較表 (2011年2月時) 【 更新履歴 】 (2011/2/24) VPS比較表の最新版を追加しました。 (2010/11/9) リストに開発者ページ追加 VPSサービス Serversman@VPS さくらインターネットVPS VPSプラン名 Entry Standard Pro 512 1G 1.5G 4G 8G 公式サイト ServersMan@VPS さくらのVPS 初期費用 0円 0円 2

お名前.com VPSプランでRuby on Rails環境の構築

お名前.comにRails環境構築 お名前.com@VPSの導入初期では勿論Ruby On Railsは使えません。 Ruby on Rails on Passenger環境構築手順のメモです。 合わせてRMagickなどのよく使うライブラリ等も纏めて入れてしまいます。 HDD120GB・メモリ1GB・root付【お名前.com VPS】月額2,475円~★ yumで必要なライブラリをインストール yumをいれていない人は下記参照 お名前.com VPSプランでyumのインストール方法 「readline」はRailsコンソールを使うために必要なので入れておきます。 ImageMagickをインストールした後に削除しているのは、ImageMagickに依存しているライブラリを一括でインストールするためです。 ImageMagick自体はバージョンが6.2.8で古いので一旦削除します。 yu

お名前.com VPSプランでyumのインストール方法

デフォルトでYUMは入っていない お名前.comのVPSプランはデフォルト時にyumが入っていません。 無くても問題なければいいですが、無いと結構不便です。 そのため、手動でインストールしてあげる必要があるのですが、その方法についてのメモです。 HDD120GB・メモリ1GB・root付【お名前.com VPS】月額2,475円~★ インストール前にSSHアクセス許可とSSHアカウントを作成してあげる必要があります。 国産だからなのか、お名前.comのコントロールパネルは親切でわかりやすいと思います。 準備1. SSHアクセス許可 [VPS Control Panel] → [システム設定] → [セキュリティ] → [ファイヤーウォール] → SSHを許可に変更してください。 ※詳しくはお名前.comのマニュアルを参照してください。 準備2. SSHアカウント作成 [VPS Contro