3分でスッキリ! Oauth 1.0図解とRuby Twitter bot開発

OAuth1.0の仕組みからTwitterBotの開発まで自分用メモです。 FacebookやTwitterなどOAuthを利用したシステムは数年前から何度と実装しているのですが、OAuthの詳細な動きについてはそんなに毎回触れたりはせず(ライブラリがいいようにやってくれるので・・・)、たまに使うたびに仕様の再確認という感じなので、自分向けにちょっと内容を砕いて図解化。正確な仕様などはRFCなど公式ドキュメントを参照ください。 目次 OAuth1.0のざっくり解説 OAuth1.0とは? 3つの登場人物 OAuth1.0フロー RubyでTwitter bot作成 前準備(コンシューマー登録〜アクセストークン取得) Ruby環境構築 Ruby実装 対象 RubyでTwitter Botを作ってみたい人。 OAuth1.0を(ざっくりと)理解したい人。 OAuth1.0は学んだけど、Twit

Googleドキュメントスプレットシートとマップを連動

GoogleスプレッドシートでGoogleMapと連動させてみたら、思いのほか素敵だったのでアップ。 シートデータを自動的に参照してGoogleマップ上のポイントしてくれます。 さらに、統計グラフも自動生成するように設定。 マップとの連動はシートを選択して 「挿入」→「ガジェット」→「マップ」から簡単に作れます。 ちなみに、下記はポスティングを自動集計用シート。

Ruby Twitter Gem

require “rubygems” require “twitter” # ユーザーの所在地を取得します puts Twitter.user(“sferik”).location # ユーザーの一番新しいツイートを取得します。 puts Twitter.user_timeline(“sferik”).first.text # IDからツイートを取得します。 puts Twitter.status(27558893223).text # ツイート検索クラスを生成します。 search = Twitter::Search.new # @justinbieberのつぶやくから”marry me”を含む最新の3件を取得します。 search.containing(“

30分で誰でも作れるTwitter Bot開発・運用手順 – Ruby Twitter bot

2013年12月3日: TwitterBot開発について最新の記事を更新しました。 ⇒ 3分でスッキリ! Oauth 1.0図解とRuby Twitter bot開発 はじめに たまたま仕事でTwitter Botに関連する開発依頼があったので調査・開発手順をまとめてました。 内容としては最低限必要なサーバー環境の構築とRubyを使ったTwitter Bot作成、そして定期実行処理の設定といった流れです。 サーバー構築からTwitter Botの開発までほとんどコピペでできると思うのでサーバー・プログラミングの知識がない方でも頑張ればできると思います。 Twitter Bot開発はウェブに関する各技術に少しづつ触れる事ができて、規模が小さいわりにはちょっとした達成感も得られるのでサーバーやプログラミングの勉強を始めてみたいという方には最適だと思います。 今回はTwitter Bo

rubyのTwitterGemを使ってつぶやいてみる

Twitter Bot作成のより詳しい内容については下記コンテンツをどうぞ  → 30分で誰でも作れるTwitter Bot開発・運用手順 – Ruby Twitter bot rubygemにはTwitter利用できるパッケージが入っています。 今回しようしたTwitterGemのバージョンはTwitter1.1.1になります。 大まかな手順としては以下の通りです。 ① Twitterアカウントを取ります。 ② Twitterアプリケーション登録申請を行います。  登録完了後にもらえる「Consumer Key」と「Consumer Secret」が必要になります。 ③ OAuth登録します。  登録後にもらえる「OAuth Token」と「OAuth Token Secret」が必要になります。 ④ TweetGemでつぶやいてみる。 ① Twitterアカウントを取ります。 これは簡

OpenSSL S_clientでGmailメール送信

コマンドライン上でGmail(smtp.gmail.com)にアクセスしてメール送信してみる。 サイトで検索してみるとやり方は見つかるが上手く動かない記事が多かったのでメモしてみる。 telnetコマンドではなくopenssl s_clientコマンドを使います。 SMTPアカウント情報は以下の場合とする。 ユーザー: test@gmail.com パスワード: abcde12345 SMTPサーバー: smtp.gmail.com 認証時にユーザー/パスワードをBase64エンコードしたものが必要になるのであらかじめ用意しておく。 フォーマットは「\000{ユーザー}\000{パスワード}」となり、エンコードにはサクッとprelを利用する。 $ perl -MMIME::Base64 -e ‘print encode_base64(“\000test\@gmail

Buzz Can Tweet

Twitterは出始めた時にアカウントだけ作って放置していてあまり使わかなったんですが、 なぜかGoogle Buzzは結構頻繁に利用するように。 GmailだとかReaderなどGoogleのサービスをよく利用していたので、Buzzにアクセスし易かったのがその理由。 BuzzはTwitterに比べるとユーザーも関連サービスもまだ少ないですが、スレッド式につぶやけるのが見やすくていいかなと思います。 あとはGmapとも連動してますが、Twitterも同じようなアプリがでてますしね。 BuzzでどうせつぶやくならTwitterのアカウントも持ってるし連動させてしまえという事でぐぐってみると2通りのやり方を発見しました。 ① 「Buzz Can Tweet」サービスを利用する ② 「Google FeedBurner」を利用する。 ②だとTwitterの更新の間隔が30分毎で設定もめんどくさい

携帯でGoogle Analytics

あけましておめでとうございます。 新年早々、携帯アクセス解析にGoogleAnalyticsを試すことに。 PCサイトではとてもお世話になっているGoogle analyticsですが、 まだ試していませんが、携帯でも対応したようですね。 ただ、PerlやPHPのサンプルコードは本家からダウンロードできるけど、さすがにRubyはまだないようです。 それでぐぐってみると既にruby版を作成した人がちらほらいました。 先行して試してくれる方多謝です。 ■Ruby on RailsでGoogle Analytics携帯対応 http://rememo.seesaa.net/article/132845355.html ■Railsで携帯版のGoogleAnalyticsを使う方法 http://hatenatunnel.appspot.com/mingos/20091124/1259065077

Google「syntaxhighlighter」を入れてみる。。

素晴らしい。。 多少変換速度は気になるものの、対応言語や手間を考えるとかなり良いです。 導入もとても簡単でした。 [crayon-594e3f6b5067b848150627/] 温泉 紅葉 旅行 動物園 花見