[Rails] invalid byte sequence in US-ASCII

Ruby1.9での開発環境を構築していて、いままでどおりrailsコマンドでアプリを作成。 1.9でもあまりエラー出ることなく動くんだな、とおもっていたところエラー。 どうやら日本語を使用したのがまずかったみたい。 invalid byte sequence in US-ASCII ASCII ?? なんでやねん。 色々ぐぐって調べてみたところ開発環境の言語設定するのわすてました。 vim ~/.bash_profile export LANG=ja_JP.UTF-8

[Rails] ruby 1.9.1 VS ruby 1.8.7

Railsでruby1.9と1.8って実際にどれくらいパフォーマンスに差があるんだろうか。 ということで簡単なテストを試してみる。 単純にrubyの1.9と1.8でScaffoldで生成した一覧ページを測定してみる。 一覧に登録した件数は5件です。 Ruby1.8 [crayon-5bc74137b87b9804367730/] Ruby1.9 [crayon-5bc74137b87cc280837978/] 結果 1秒あたりのリクエスト数はruby1.9のほうがほぼ1.5倍の多くリクエストをこなせるということになる。 かなりシンプルなテストなのでこれを根拠にすることはできないが、もっと複雑にシステムになればなるほど より顕著に差ができるのではないのかなと思います。 ・ruby1.8   → 20.80 request / sec ・ruby1.9   → 30.50 request /

[Fedora 6] Yumが使えない。

Fedora 6を使用していたのだけど(いまだに・・) yumコマンドエラー。 yumのbase_urlが存在しないらしい。 調べてみると既に対応済みの方を発見。 そのまま対応させていただき、無事yumをつかうことができました。 多謝。 http://www.at-links.net/blog/?p=754 以下、引用 [crayon-5bc74137b9f1a188223011/]

携帯 端末 スペック一覧 解像度

Docomo http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/spec/screen_area/index.html AU http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/new_win/ezkishu.html SoftBank http://creation.mb.softbank.jp/terminal/?lup=y&cat=func 端末自体の解像度とブラウジング解像度が違う罠。 Softbankだけが唯一VGAでのブラウジングができるっぽいです。 AU・Docomoに関しては解像度が240以下になるみたいです。  

[Ruby] Sinatra

Rubyフレームワークといえば、誰もが「Ruby On Rails」と答えるでしょうが、 そんな中、Railsではない素敵なフレームワークを発見しました。 用途してはRailsは至れり尽くせりで嬉しいけどちょっとしつこいよね。ってな時でしょうか。 超軽量Rubyフレームワーク 「sinata」 http://www.sinatrarb.com/ サイトのトップを見ただけでどれだけ軽量なのかがわかります。 [Sinatra]環境構築 gemを一発かますだけ。 [crayon-5bc74137ba391712444161/] [Sinatra]Hello World HelloWorldわずか5行。 hello.rb [crayon-5bc74137ba39d074881589/] [Sinatra]勿論テンプレートも分けれます [crayon-5bc74137ba3a4770022870/]

[Ruby] クローラー作成 スクレイピング scrape

久々にRubyでクローラー作成。 クローラー先は内緒で。 素敵にライブラリがあるので一瞬でデータを取ってこれちゃいます。 まずはgemでscrapiをインストール [crayon-5bc74137ba993631324795/] rubyファイルを作成。Scrape用のクラスを作成してみます。 scrape_site.rb [crayon-5bc74137ba99f064847203/]

[Mercurial] ブランチの作成方法 hr branch ..

まわりがgitの中、がんばってmercurialを使っています。 なかなかMercurialも使い勝手が良いですよ。 Branch操作のコマンドメモです。 まずは自分のブランチをチェック 初期はブランチ名はdefualtとなっています。 [crayon-5bc74137bae8a022401841/] ブランチを作成します newfeatureというブランチを作ってみます。 [crayon-5bc74137bae96482111493/] ブランチの切り替えを行います 切り替えにはupdateコマンドを使います。 [crayon-5bc74137bae9d044294916/] ブランチの一覧を見てみましょう そのままです。branchesコマンドです。 [crayon-5bc74137baea3837869097/] ブランチのマージもお手の物です ブランチdefaultに新しく作成した

Linuxコマンド フォルダの容量調査

いつも忘れるので、おもっいきりメモ。。 du -s * | sort du –block-size=M -s * | sort

[RestfulRails] ActiveRecord拡張 – ActiveResourceと同期させてみる。

ActiveResourceを使えば簡単にRestfulな動作ができる。 が、実際にはバリデーションやフォーム連携やhas_manyなどの親子関係などの動作には対応しておらず、 結構実装がしづらい。 今後のRailsの対応予定の項目にActiverecordとActiveresoceの同期があげられていたがいつになるかわからない。 ということでActiveRecordを拡張して無理やりRestful対応をさせてみる。 結果↓な感じ・・。 app/models/sample.rb [crayon-5bc74137bb4f6258242223/] app/models/restful_sample.rb [crayon-5bc74137bb502476165495/] これでwill_paginateやら親子関係やらも従来どおり使える・・はず。 意識せずに裏側ではRestfulなやりとりをして

[Rails] NoMethodError: undefined method `create_bang_without_gettext’ fo

Mailer使用としたらいきなりエラー。 undefined method .. create_bang_without_gettex。 [crayon-5bc74137bba4c236350980/] _bang_って一体なんですか。 かなりバグっぽいので調べてみたら案の定そうでした。 http://groups.google.com/group/rails-i18n/browse_thread/thread/f893f695f800c379 バグフィックスしてるみたい。アップデートすれば直るようです。 アップデートするのめんどくさかったので、今回は直接コード書き換えてしまいましたが・・(汗) lib/ruby/gems/1.8/gems/gettext_rails-2.0.0/lib/gettext_rails/action_mailer.rb: 30 [crayon-5bc74137