python-setuptoolsでMercurialを簡単インスールト

家のVirtual PCにCentOSを入れてみた。 バージョン管理ソフト「Mercurial」のインストール手順メモ pythonをインスートル python-develも一緒にいれます。 [crayon-5996294684c65559445279/] python-setuptoolsをインストール これがあると簡単にMercurialを入れることができます。 [crayon-5996294684c7a214898527/] gccをインスートル gccがない場合はいれましょう。 ※CentOS5.3で試したが初期では入っていなかった。 [crayon-5996294684c84291869234/] Mercurialをインストール easy_installコマンドを「easy_install mercurial」 [crayon-5996294684ca3589030531/]

[Mercurial] ブランチの作成方法 hr branch ..

まわりがgitの中、がんばってmercurialを使っています。 なかなかMercurialも使い勝手が良いですよ。 Branch操作のコマンドメモです。 まずは自分のブランチをチェック 初期はブランチ名はdefualtとなっています。 [crayon-59962946866a0471705806/] ブランチを作成します newfeatureというブランチを作ってみます。 [crayon-59962946866b1298721133/] ブランチの切り替えを行います 切り替えにはupdateコマンドを使います。 [crayon-59962946866bb615668287/] ブランチの一覧を見てみましょう そのままです。branchesコマンドです。 [crayon-59962946866c4631313696/] ブランチのマージもお手の物です ブランチdefaultに新しく作成した

HostMonsterに分散管理システムMercuryをインストール

テスト用に分散管理システムを導入しようと思いMercuryを導入してみることに。 別途、サーバーをわざわざ用意する必要もないので、今借りている海外のホスティングプラン内で運用する事にしました。 ちなみに、Host Monster なんですが、容量が「Unlimited」と無制限にも関わらず、月額$5,95と格安です。 http://.hostmonster.com/ レスポンスは多少悪いものの、かなり有効活用させて頂いております。 Mercury公式サイト http://www.selenic.com/mercurial/wiki/index.cgi/Mercurial 【 Mercuryインストール方法 】 かなり簡単でした。 [crayon-599629468701a140427066/] http://www.selenic.com/mercurial/wiki/index.cgi/