RailsからWordPressの情報を取得する

app/models/wp_post.rb app/models/wp_comment.rb

さくらのVPSでRubyOnRailsの環境を構築しよう

さくらのVPSでRails環境構築しました。 高速と名高いKVM環境はたしかに高速でした。(といっても計測してないので体感ですが・・) あとServersMan@VPSに比べるとネットワークが安定しているような気がしましたけど気のせいでしょうか。 Rails3系を入れようか迷ったけど愛用しているgemライブラリでまだ3系には対応できていないのがあったのでまたの機会にすることに。 それにしてもVPSが価格下落で気軽にRails環境が構築できるようになったのは嬉しい話しです。 ImageMagickやらRedmineも入れてますが、必要ない人は飛ばしてやってください。 さくらVPSでRubOnRails さくらVPSにRubyOnRailsの環境構築をしたのでそのメモ。 今回インストールした主なソフトウェアのバージョン。 ・Ruby 1.8.7 p301   → http://www.ruby

[Rails3] uninitialized constant Object::Bundler

CentOSにRails3&Passengerを入れてる途中で結構はまる。 Rails2に馴れてるせいかRails3があまり親切な感じがしないな。 $rake db:create (in /price) rake aborted! uninitialized constant Object::Bundler /usr/local/lib/ruby/1.9.1/rake.rb:2482:in `const_missing’ /config/boot.rb:9:in `rescue in ‘ /config/boot.rb:5:in `‘ :29:in `require’ :29:in `require’ config/application.rb:1:in `‘ :29:in `require’ :

【Ruby On Rails 】 EOFError (end of file reached):エラー

ActiveMailerでメール送信しようとすると以下のようなエラーが・・。 開発環境では問題なく動作するけど、本番環境に移した時にたまにこのエラーがでる。 毎回忘れて調べてたので自分用メモ。 エラー内容 Railsログ↓ EOFError (end of file reached): /usr/local/lib/ruby/1.8/net/protocol.rb:135:in `sysread’ /usr/local/lib/ruby/1.8/net/protocol.rb:135:in `rbuf_fill’ /usr/local/lib/ruby/1.8/timeout.rb:62:in `timeout’ /usr/local/lib/ruby/1.8/timeout.rb:93:in `timeout’ /usr/local/lib

Rails On Amazon Web Service [amazon-ecs]

Rails上でAmazon Web Serviceを利用してみる。 「amazon-ecs」という素晴らしいgemライブラリがあったので、すぐにデータ取得までいけました。 素敵です。 手順① amazon-ecsのインストール 以下のコマンドをかますだけです。 gem install amazon-ecs 手順② amazon-ecs設定 config/enviroment.rbに以下の行を追加します。 secret_keyとaccess_keyはAmazon Web Servie登録後に取得できます。 secret_keyがないとエラーがでて取得できません。 require ‘amazon/ecs’ Amazon::Ecs.debug = true Amazon::Ecs.options = { :aWS_access_key_id => “自分のアクセスキー”,

[RubyOnRails] 自サイトのドメイン名を取得する方法

こんな方法が、、 知らなかった。 request.raw_host_with_port ドメイン名とポートを取得してくれます。 まぁ滅多につかうもんでもないけど。。

【Rails2.3.4】 ./script/plugin install git://github.com/rails/country_select.git

今更ですが、 Rails2.2からcountry_selectメソッドがなくなりました。 なんでrails2.2以前からバージョンあげた場合は、別途用意されているプラグインを入れてください。 ./script/plugin install git://github.com/rails/country_select.git

[MobileOnRails] 静的ファイルの場合、Docomoスタイルシートがきかない。

Rails上で直接htmlファイルを置いてみるとdocomoのスタイルシートがきかない。 ヘッダーとかの設定はもちろんしてあって、試しにそのhtmlファイルを他のサーバーに移動するとスタイルが正しく反映される。 Rails経由で表示した場合も正しく表示されるので、html直接みる場合はRailsが何かを邪魔しているみたいです。 何かっていうかhtaccessのaddTypeが反映されていないっぽいですが、、 といことでpassengerの設定で特定のディレクトリの場合だけpassengerをoffにすることに。 以下の要領で、PassengerEnableをoffに設定 [crayon-594cd2c043583756329924/] 無事、うごきました。

[Ruby1.9 on Rails] マルチバイト文字列でエラー : incompatible character encodings: UTF-8 and ASCII-8BIT

前回の続き http://b.ruyaka.com/2009/07/06/ruby19-gem-install-mysql-ではまる/ なんかgem install mysqlでMySQL/Rubyはインスートルできたんですが、 どうやらMySQL/Rubyがruby1.9の「M17N」に対応していない模様。 おかげて、データベースから取り出した文字列は全て「ASCII-8BIT」になってしまいます。 マルチバイト文字列を入れるとASCII-8BITとUTF-8がぶつかりエラーが発生します。 「incompatible character encodings: UTF-8 and ASCII-8BIT」 ほんと困りました。 調べてみたところ解決方法は2通り発見。 ① MySQL/Rubyではなく、M17Nに対応しているRuby/MySQLを入れる (ややこしい) ② Rails上で「for

[Ruby1.9] gem install mysql ではまる

そろそろ各ライブラリも1.9に対応してきたので。rails開発もruby1.8から1.9に移行。 今までのテストでも処理によるけど確実に2倍以上は早くなっている。 このまま1.8だとなにかと不安です。 ruby1.9・rubygems・railsなどのインストールは順調に進んだが、mysqlのインストールではまる。 結論から言うと、   「gemでインストールされるmysqlのバージョンが古いまま」 なのが原因でした。 なので1.9の場合は、直接本家にインストールしてあげる必要があるそうです。 エラー内容 [crayon-594cd2c045cc2125502132/] 以下、実行すれば解決。 [crayon-594cd2c045cde362064702/]