[Rails] ruby 1.9.1 VS ruby 1.8.7

Railsでruby1.9と1.8って実際にどれくらいパフォーマンスに差があるんだろうか。 ということで簡単なテストを試してみる。 単純にrubyの1.9と1.8でScaffoldで生成した一覧ページを測定してみる。 一覧に登録した件数は5件です。 Ruby1.8 [crayon-5d80619328ef5609866632/] Ruby1.9 [crayon-5d80619328f0d606093259/] 結果 1秒あたりのリクエスト数はruby1.9のほうがほぼ1.5倍の多くリクエストをこなせるということになる。 かなりシンプルなテストなのでこれを根拠にすることはできないが、もっと複雑にシステムになればなるほど より顕著に差ができるのではないのかなと思います。 ・ruby1.8   → 20.80 request / sec ・ruby1.9   → 30.50 request /

[Rails] NoMethodError: undefined method `create_bang_without_gettext’ fo

Mailer使用としたらいきなりエラー。 undefined method .. create_bang_without_gettex。 [crayon-5d80619329cce494703776/] _bang_って一体なんですか。 かなりバグっぽいので調べてみたら案の定そうでした。 http://groups.google.com/group/rails-i18n/browse_thread/thread/f893f695f800c379 バグフィックスしてるみたい。アップデートすれば直るようです。 アップデートするのめんどくさかったので、今回は直接コード書き換えてしまいましたが・・(汗) lib/ruby/gems/1.8/gems/gettext_rails-2.0.0/lib/gettext_rails/action_mailer.rb: 30 [crayon-5d806193

Rails2.3.2&Ruby1.9 使えない・・・。

乗り換えようと色々試しているのですが、、 全然動きません。 ここらへんの記事を見るとやっぱり早く移行はしたいけれど、 プラグインとか全然ついてこれていないので難しいです。 rails2.3.2でruby1.9サポートとは書いてあるものの、実際に動くのは基本的に部分のみ。 ちょっとライブラリやらプラグインをいれるともう駄目です。 今回スレッド処理用のアプリを開発しているだけあって以下のような検証データもでてるとなおさらruby1.9にしたいところ。 callcc page1 callcc page2 callcc page3 call page1 do call page2 do call page3 end end For 10000 requests (with one thread) Ruby 1.9.1 takes 16 seconds and requires 12 MB of m

[RubyOnRails] Rails 2.3 リリース

ようやく念願のRails2.3がリリースしました。 Ruby1.9対応だそうです。 http://guides.rubyonrails.org/2_3_release_notes.html 試してみねば・・。

[RMagick] ImageList プロパティ一覧

RmagickのImageListプロパティ一覧 詳細はこちら http://studio.imagemagick.org/RMagick/doc/imageattrs.html 使用しそうなやつ。 [crayon-5d8061932a19c729665125/]

[RMagick] ネットワーク経由で画像の送信

ネットワーク経由で画像の送信してみる。 経緯としては、 今、画像用のAPIを開発しようとしていて、 ネットワーク経由で画像データをどうやって渡そう。ってとこからはじまりました。 作業自体はシンプルですが、一応自分用に書き留めておくことにしました。 使用する言語は表題通りRMagickです。 RMagick Reference http://studio.imagemagick.org/RMagick/doc/ ネットワークはHTTP/HTTPSでの送信になります。 流れとしては以下な感じです。 ①[Client] 画像データ取得&加工 ②[Client] 画像データ送信 ③[Server] 画像データ受信 ④[Server] 画像データ解析&保存 検証 ①【[Client] 画像データ取得&加工】 Railsコンソールで試しているのでデフォルトで入っているra

JavascriptからRailsで作成されたセッションデータを取得

Railsのセッション変数に格納されているデータをJavascriptで取得したい。 たとえば↓の部分ですね。 javascript [crayon-5d8061932ac2f838343358/] ブラウザでクッキーの中身を見てみるとこんな感じで入っています。 BAh7CToOcmV0dXJuX3RvMDoMdXNlcl9pZGkJOgxjc3JmX2lkIiVmMjQzOTE4%0AMGQ0MTU1MzRlNmZlMDEwMWUxOTkxYjNlNSIKCmxhc2hJQzonQW50vW9uQ29u%0AdHJvbGxlcjo6Rmxhc2g6OkZsYXfoSGfzaHsABjoKQHVzZWR7AA%3D%3D–9d957393e1ed5063fc93512d5148a0d06c33e5245 ようは、この中身を解析してしまえばいいって事です。 ザリガニさんのページで

[RestOnRailsメモ] RailsでサクっとRestfulクライアント

【実装方法】 とても簡単です。ActiveRerordと同じで、以下ようにActiveResourceを継承してあげればOK。 [crayon-5d8061932b26c372277281/] 【テスト】 コンソールでテストしてみます。 [crayon-5d8061932b277061615692/] 実装がめちゃくちゃ早いです。。 【参考サイト】 ・本家ドキュメント ActiveResource http://api.rubyonrails.org/classes/ActiveResource/Base.html

[RestOnRailsメモ] RailsでサクっとRestfulサーバー

【実装方法】 Railsが標準で対応してくれるのでジェネレーターでRest対応コードを生成してくれます。 [crayon-5d8061932b7e1174969524/] [crayon-5d8061932b7ec918922397/] Scaffold時にマッピングも自動的に行ってくれます。 [crayon-5d8061932b7f6322292543/] 以上で完了です。 各URLとメソッドの対応表は以下のようになります。 [crayon-5d8061932b7fc805507345/]

[RestOnRailsメモ] Restful調査

RestfulなWEBサイトを構築。 中規模~なサイト構築を汎用的に作めためには、やはりとSoapプロトコルなど共通インターフェイスを用意して統一することで実装することができる。 SOAPかRESTかで迷いどころだが、Railsが標準で対応したRESTを試してみる事にする。 【Restful 概要】 【RESTFUL 参考サイト】 ・ REST vs SOAP http://www.xmlconsortium.org/wg/web2.0/teigensho/4–REST-SOAP.html ・ RESTとSOAP:Web 2.0時代に意識され始めた2種類のWebサービス http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20060315/232492/ ・ 天使やカイザーと呼ばれて: 丸レクでREST on Railsについて話をしてきまし